« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

中学総体&浦安市花火大会

息子達が参加している中学総体、準々決勝は惜しくも敗退したそうです。家に帰ってきた息子は、機嫌が悪く試合の様子を聞けなかったのですが、観戦していた父兄に聞くと、勝てる試合を落とした感じだったそうです。

でも、負けは負け。次の目標を見つけて、次のステップにむけて頑張って欲しいです。

息子の試合を3年間、観戦してきましたが、中学サッカーで感じたことがあります。

1.指導者の影響は大きい

   指導者のサッカー感、指導者の指導方法、等々で、子供の成長に大きく影響を与えました。

2.試合中のベンチ(監督、コーチ)がうるさい

   審判のジャッジへの抗議、1プレー毎に選手への指示(まるで、ロボットを操っているかのよう)が気になりました。もっと、選手達が気持ちよくサッカーを楽しめるようにしてあげればいいのに、ちょっとうるさいですね。チーム、コーチによるのですが、気になりました。先日の総体では、試合後に審判に詰め寄ったり、試合後に相手ベンチにまで抗議にくるコーチもいました。 彼らが、学校の先生であると思うと、サッカーの指導だけでなく学校での指導も大丈夫?と思ってしまいます。

さて、先週末は浦安市の花火大会が開催されました。毎年、ご近所さんと会場で観覧しています。今年も、特等席から見ることができました。

090725_193122

090725_193130

6,500発の花火。約1時間、あっという間でしたが楽しい時間を過ごせました。

|

中学総体

7月12日(日)から、中学生のサッカー総体予選が始まりました。息子のチームは7月12日(日)に2戦2勝。18日(土)の予選2日目を観戦してきました。

ちょっと、力の差があったようで、この日も2戦2勝。予選リーグは4戦4勝でグループ1位抜けでした。もともと3年生の人数が少なく、2年生も入れてチーム登録していますが、その2年生のうち2名が大会前に骨折、3年生も1名が大会前に捻挫してこの日は出場できず。予選リーグで負傷した子もいて、予選の最終戦はベンチの控えは0人という厳しい戦いとなりましたが、個の力で予選突破でした。

19日(日)から決勝トーナメント。上位3チームが県大会に出場します。このブロックは、新人戦の県大会でベスト4に入ったチームが3チームいる激戦ブロック。勝ち上がるのは大変なブロックです。息子や元教え子達を応援するために、縁起の良い、少年サッカー時代の練習シャツを着て応援しました。

090719_105543

090719_121527

相手チームは180cm位の長身選手がいて、170cm位の選手ばかりの大型チーム。空中戦では分が悪いかな?という感じ。

試合が始まってみると、予想していたとおり前に大きく蹴ってくるチームでした。それでも、息子のチームはDFラインの裏をよくケアーして崩されるシーンはありません。ただ、息子のチームが相手チームに合わせてしまい、蹴り合いの試合となってしまいました。もう少し中盤でボールを落ち着かせれば・・・、ドリブルを使えば・・・と思いながら見ていました。

後半残り5分くらいで、中盤で3本パスがつながり中盤の選手のミドルシュート。惜しくもバーに跳ね返されましたが、ボールをキープする動きが見られるようになりました。そして、残り3分。それまで、相手のロングキックに備えて後ろ気味のポジションをとっていた息子が相手ペナルティーエリアにドリブルで仕掛けて。「おっ!」相手にひっかけられて転倒。PKを得ました。

誰が蹴るのか?キャプテンか?副キャプテンか?それとも息子か?

息子がボールをセットしています。これを決めれば・・・というシーン。久しぶりに体が震えてきました。主審の笛が鳴りました。息子を見ると、大きく深呼吸をしています。緊張せず、落ち着いているようです。そして、ど真ん中に思いっきりボールを蹴り込んで”ゴ~~ル!!!」(息子が帰宅してから聞いたのですが、蹴る前にチームメートが”思いっきり、気持ちよく決めようぜ”と声をかけてくれたそうです。その言葉で、迷い無く、ど真ん中に思いっきり蹴れたと言っていました。少年サッカーを共にし、中学でも約3年間を共にしてきた仲だからかけられる言葉だったのではないかと一人感動してしまいました。)

失点するような状況はほとんど無かったのですが、高い壁を前に点を取れるか?と見ていたのですが、この1点を守って勝利しました。

中学に入ってからの2年ちょっと、いろんなことがありました。1年生で入学した時、新入生の部員が6,7名しかいませんでした。その後、転校生が入って1名増えた程度。U-13大会では、他校との合同チームで出場したこともあります。部活顧問の厳しい指導が合わず、部活を辞めそうになる子がいたり。

そして、最大の危機がこの4月に。それまで指導してくれた顧問が他校へ異動となりました。子供達に絶対の信頼を得ていた先生がいなくなり、新しい顧問が、それまでの顧問とまったく違うタイプでチームは崩壊。息子も2ヶ月程、部活を退部していました。父兄と顧問での話し合いも行いましたが、正直、総体までに立て直せると期待できる状況ではありませんでした。

それでも、サッカーが好きだという思いから部活に復帰した息子ですが、一度崩壊したチームは簡単には元に戻りません。正直、この大会もチーム力で勝ちあがってきたというより個の力で勝ってきた部分が多いように見えました。でも、最後の大会にかける子供達の思いが、一戦一戦、チームとしてまとまってきているように思います。

明日(21日)、準々決勝です。私は仕事で応援に行けませんが、全ての力を出し切って最高の結果を出してもらいたいと思います。

|

フクダ電子アリーナで試合

今日は、幸運にも「フクダ電子アリーナ」で試合をすることができました。

090712_083550 090712_084342

メインエントランスから入りました。

090712_091646

入り口には、JEFの巻選手がワールドカップで使用したユニフォームとスパイクが飾られていました。

090712_100353

090712_100401

中に入って、まずはロッカールームへ。昨日の、JEF vs ヴィッセル 戦でJEFの選手が使用したロッカールームです。

090712_092703

090712_093418

どの席に、誰が座っているのでしょう?

我々も、このロッカールーム内で着替えをさせてもらいました。子供達も、ちょっとJリーガーになった気持ちを味わえたのではないでしょうか。

090712_092716

ロッカールーム内には、マッサージルームとシャワー室、トイレがありました。

090712_093344

090712_093348

ここで、選手はマッサージを受けているのでしょうか。

090712_093122

090712_093257

トイレもシャワールームも、とても綺麗でした。

そして、監督室もロッカー内にありました。さすがに、ここは鍵がかかっていて中は見れませんでした。

090712_093323

着替えが終わると、ピッチへ。昨日の、JEF vs ヴィッセル戦の後なので、選手達の汗がしみ込んだピッチです。

090712_093727

090712_094855

090712_093644

090712_095749

こんな綺麗なピッチでプレーができる子供達は幸せです。

フクアリでの初ゴールも決めました。

いつかは、J選手となってこのピッチに立ってくれるとコーチはうれしいです。その時には、試合に招待してください。

さて、お昼には浦安に帰ってきて、夕方から市内の少年サッカー場でフットサル形式の練習試合を行いました。

朝から夜まで長い一日になりましたが、実力でフクアリに立てるよう頑張ろうな。今日は、ゆっくり休んでください。

|

長崎へ

7月3日~6日、ちょっと早めの夏休みをとって長崎へ帰省しました。「長崎は今日も雨だった~」当日午前中までは雨が降っていたようですが、私が滞在した4日間は比較的晴れの日が多かったです。

2年ぶりの長崎でしたが、お墓参り、親戚回りであっと言う間の4日間でした。

弟の家でかっている、「はなちゃん」が迎えてくれました。

090703_204540

長崎に着いたのが15時くらいで、お昼を食べていなかったので、母が皿うどんと私の大好物のおはぎを用意してくれていました。これだけで、「帰ってきた~」って感じです。

090706_113655

2日目は、午前中は我が家の墓参りへ。そして、夜は高校時代のサッカー部の友人と久しぶりの再会です。私の帰省に合わせて、皆が集まってくれました。遠くは、福岡から来てくれた友人もいます。話しは、「子供の話し」「人間ドック・健康診断の話し」「太った・太っていない」と近況を話し、最後は「サッカーの話し」になります。マッチコミッショナーの資格を取った友人もいます。高校時代の恩師が、九州のサッカー協会の要職に就いているとの話しも聞きました。

飲んで、食べてで会計を。と、ここでびっくり。東京だと、軽く一人5,000円~6,000円はするくらい飲み食いしたのですが、何と、一人2,500円。長崎は安いです。

最後に、皆でラーメンを食べに行きました。長崎では、締めはラーメン、ちゃんぽんの麺を食べて帰ります。

090704_203158

豚骨スープの九州ラーメンです。これで、490円。安いでしょう。

090704_202822

長崎出身のスター、「さだまさし」のサインがありました。

長崎だと、居酒屋→2軒目→ラーメン→タクシー が、1万円で収まります。東京とは大違いです。しかも、おいしい・美しい(?)。

さて、夜の話はこのあたりで止めにして、30数年ぶりに母校の小学校・中学校へ行きました。用があって、近くへ行ったので写真を撮ってきました。

懐かしい校舎、グラウンド。バレンタインデーとなれば、チョコで一杯(?)になったげた箱。

090704_132241

090704_132257

090704_132504

090704_132656

そして、隣にある中学校にも寄ってきました。

090704_133459

「光と力と望みと」が校訓でした。

090704_133550

090704_133910

卒業アルバムの写真を撮った噴水の回りは、草が茂っていました。今は、ここでは写真は撮っていないのかな?

部活が終わると、必ず顔を出していた保健室。給食の残りの牛乳を保健の先生にもらいに行っていたのですが、今にして思うと、牛乳が目的だったのか、保健の先生に会うのが目的だったのか?

そして、最後の日のお昼は母に注文して、ちゃんぽんを。

090706_113640

皿うどん、ラーメン、ちゃんぽん、おはぎ、寿司、刺身、等々、食べ三昧の帰省になりました。

間違いなく、体重は増えていると思います。明日から仕事ですが、体の切れが悪そうです。でも、おいしいものを食べ、田舎の空気を吸え、ご先祖様のお墓参りもできたので、明日の朝は元気に起きれそうです。

|

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »