« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

チーム名決まりました

市内のリーグ戦が開催されていますが、11月からは3rdステージが始まります。市内リーグ戦は8人制をとっており、我がチームはリーグ戦開始時点では12名のチームでしたので、1チームだけのエントリーでした。

ところが、嬉しいことに今年になって6名の新メンバーが加入して現在は18人のチームになり、8人制の試合だと一人当たりの出場時間が短く困っていました。そこで、競技部にお願いし3rdステージからは2チームエントリーすることに。

チーム分けは均等分け。力的には、ほぼ同じになるように分けました。

チーム分け、コーチの担当決めまでは、すんなりといったのですが、なかなか決まらなかったのがチーム名でした。安易に考えれば、Aチーム、Bチームという名前も考えられるのですが、Aチーム=1軍、Bチーム=2軍とイメージされるようなので、何とか、子供達が楽しくなるような名前を考えていました。が、おじさんコーチには、3年生が喜びそうな話題がありません。自分がお父さんコーチの時には、子供が観ているテレビ番組、アニメ等々の流行がわかって、そこからチーム名を考えることもできたのですが。

チームのお父さんコーチ、お兄さんコーチにも、考えてもらうようお願いしていたところ、お父さんコーチから「ファイア」と「ブリザード」という提案がありました。子供達が遊ぶ最新ゲームからとのことでした。(ゲームの名前も聞いたのですが、耳に入ってきませんでした。”おじさん”ですね・・・(笑))

早速、役員さんにも連絡したところ、「子供たちが喜びそう」「素敵なネーミング、ありがとうございました。」と返信がありました。

やっぱり、お父さんコーチの力ですね。

「ファイア」と「ブリザード」、強そうな名前なので、名前負けしないよう頑張ろう。

|

初めての県大会

日曜日、子供達は初めての県大会に出場しました。

大会直前に、インフルエンザ、発熱でダウンする子が出て、当日、集合場所に集まるまで最終的に何人集まるかわからない状況で、最終的に14名で試合に挑むことになりました。ここ1ヶ月、想定していた以上に練習試合を組むことができ、1週間前の練習試合である程度、手応えを感じていただけに、体調不良者が出たことは残念でした。が、ここは”よくぞ元気に集まってくれた。このメンバーで頑張ろう。”と気持ちを切り替えて。

試合会場に着いたところで、数人、いつもと様子が違う子がいました。緊張しているのです。(本当に、まじめで、おりこうさんが多いチームなんです)市内大会のように、普通にアップするだけでは、とても試合に出られる状況ではなかったので、ミーティングではちょっと冗談も交えてみたのですが、試合が始まっても緊張している子が2,3人見受けられて、”まいった”という状況から試合が始まりました。

1回戦。相手チームは、いわゆる団子サッカー。全員で、ボールを持った選手を潰しにきます。我がチームの子達は、スペースを見つけられず、相手の壁に跳ね返される状況が続きました。また、相手チームのエースがドリブルでゴール前まで攻め込んでくるシーンもありドキドキ状態が続きました。それでも、サイドを崩そうとしたり、相手DFラインの裏に勝負したりと得点しようという意識は感じられました。そして前半8分、左サイドをパスで崩すことができシュート→ゴール!!。先制点です。トーナメント戦での先制点は大きいです。

ハーフタイムでは、緊張をほぐす言葉をかけ、団子に囲まれた時の対応を指示しました。後半に入ると、相手DFの裏にボールが通るようになりサイドからチャンスを作る回数が増えてきました。そして、右サイドから崩して2点目が入りました。そして、ゲームセット。

記念すべき県大会初戦は、2-0で勝利。中盤でのプレッシャー、最終ラインでの粘り、前線でのイマジネーションと、この子達が最高のパフォーマンスを出し切ってくれました。大負けしないか、とヒヤヒヤしっぱなしの30分間。まずは、”ほっ”と一息つくことができました。

この日は、2回戦まであり、1日2試合。経験上、1試合目が終わってから2試合目が始まるまでが勝負です。お弁当を食べて、子供達が遠足気分になってしまうことが一番の心配。かと言って、縛り付けることもできず、子供達の自主性に任せなければなりません。一通り注意事項を伝えて昼食をとったのですが・・・。お昼は軽めにと各家庭にお願いしていたのですが、しっかり食べている子もいたり。また、休憩時間に注意事項を守れない子も出てきて、コーチから叱られる場面もあり。こうなったら、集中力も何もなくなってしまいます。

2回戦。ベンチに入ったのですが、やはり子供達に落ち着きがありません。嫌な予感が。結果は0-3で負け。確かに、相手チームの方が一人一人の技術がしっかりしていました。穴はなく、エースの子がいて。勝負事に”~たら”、”~れば”は禁物ですが、うまくゲームに入れれば接戦に持ち込めたかな?という思いもあったり。一方では、よく3点差に抑えたという思いも。相手ゴール前に攻め込むシーンもありましたし、その時のDFラインの崩し方は非常にすばらしかったし。GKも、失点してもおかしくない場面をセービングできたし。まぁ、この子達の課題がはっきりした試合ではありました。

負けた後のミーティングって、何を話すかいつも悩むことです。頑張ったけど負けたね、では次につながりません。マイナスなところばかり話しても落ち込むだけだし。次につながる課題の提示、あるいは課題を考えさせることをと考えて話すのですが。

まぁ、いろいろ話しをしましたが、最後に子供達に宿題を出しました。「今日一日で、自分の良かった事と悪かった事を全て書いてきなさい。」。最後は自分で考えさせることにしました。

また、一から基礎をやりなおして、次の大会に挑もうと思います。朝から最終試合まで、熱心に声援してくれた父兄に感謝です。

|

バルドラール浦安 ~エキシビジョンマッチ~

Fリーグ バルドラール浦安ホームゲームのエキシビジョンマッチに出場してきました。

まずは、会場前の”ゲート”で記念写真。

091017_105518

中に入ると、今日のプログラムが掲示されていました。

091017_105624 091017_105651

091017_112501

試合時間まで、サブアリーナでアップをしていよいよ入場です。我々コーチ陣は、ゲストカードをもらって入場です。

091017_122405

いよいよ試合開始。選手紹介もされて、まるで”プロ”のようです。

091017_124435 091017_124550

結果は、1-2でしたが、結果より今日は記念でした。父兄の熱い声援もあり、子供達も頑張りました。

この後は、バルドラール浦安の試合を観戦しました。が、こちらは2-3で浦安の負け。

Fリーグ1年目に試合を見に行ったことがありますが、当時と比べるとチームレベルは下がっているように思えました。もう少し頑張ってもらわないとなぁ・・・。

さぁ、気持ちを切り替えて、明日は”県大会”です。

|

サブユニ

初めての県大会まで1週間となりました。注文していたサブユニが届いて、気分も盛り上がってきました。(コーチだけ?)

早速、新しいサブユニを着て練習試合です。思ってた以上に、子供達がボールを持った選手をサポートし短いパスをつないでゴール前までボールを運ぶことができました。

ディフェンスの選手も、ただ大きくクリアーするのではなく味方選手にパスすることを意識させましたが、思った以上に対応してくれました。(せっかく粘ってボールを奪ったのだから、味方につながないと無駄だよね。)

大会前の調整を目的とした練習試合なので、勝ち負けは気にしていませんが、15分を4本やって6得点、1失点はまずまずかな。この調子で、1週間後の県大会に臨もう。

写真は、新しいサブユニを着た子供達。サブユニを買ってくれた、お父さん・お母さんに「ありがとう」って言えたかな?

091011_190735 091011_190745

|

CTC杯&練習試合

今日も、子供達のおかげでサッカー三昧となりました。本当に感謝です。

まず、朝8時にCTC杯の主管のサポートへ。6年生の最後の県大会です。子供達の記念になるように、と思いながら、少年サッカー場へ。

朝早くから、コーチ陣が集まってコート設営です。参加した各チームも、思いっきりプレーできたのではないでしょうか。

091004_091608

091004_091601

本部運営がちょっと落ち着いたところで、3年生の練習会場となる舞浜運動公園に移動です。

県大会に向けて、やらなければならないことが山積みしていますが、ここはポイントを絞って&基本に戻ってで1対1の強化をテーマに取り組むことにしました。11時から練習を始めたところで、市内の他チームから練習試合のお誘いがありました。

少しでも多く、11人制のゲームを経験させたいと思っていたので、ご父兄と相談して13時から練習試合を組ませてもらいました。

ここ最近、取り組んできた1対1を実践でどこまで使えるかを見たいと思っていました。

嬉しい誤算でしたが、1対1を以前よりも厳しくぶつかれるようになっていました。更に、今年入会した新人メンバーの成長も著しく、試合で戦えるレベルになってきました。

まだまだ、結果は求めません。練習でやっていることをひとつひとつクリアーできるかをこの練習試合で見ていましたが、コーチの予想以上に子供達が対応してくれました。

県大会まで2週間。できることをやって、大会に臨もうと思います。

今日一日、CTC杯のサポートをしてくださったコーチの皆さん、突然の時間延長、練習試合に対応してくださった役員さん・ご父兄の皆さんに感謝です。おいしいお酒を飲みながら、「ありがとうございました」。

|

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »