« サッカーな一日 | トップページ | 雨 »

県大会 ~頑張った涙~

今日は、4年生の県大会初戦。相手は古豪。試合前から苦戦するのは予想できていたのですが・・・。

試合前の子供達への指示は、「0対0の時間を長くしよう。0対1になっても、0対1の時間を長くしよう。そうすれば、最後の最後にゲームはどうなるかわからない。最後まであきらめないでがんばろう。」でした。

試合は、予想していた通り、ボールへの寄り、1対1の競り合いで相手が一枚上でした。前半は風下ということもありましたが、なかなか攻撃に転ずることができませんでした。それでも、GK、DF陣を中心に最後まで詰めて枠の中にシュートを打たせませんでした。

ハーフタイムでベンチに戻ってきた時も、子供達の集中力を切らさないよう、「0対0で前半を終えたのは、コーチの予想通り。焦らず、後半も0対0の時間を長くしよう。そうしたら、チャンスがくる。」でした。

後半は、何度か相手ゴール前までボールを運びましたが、ゴール前が薄くなかなかシュートまで持ち込めませんでした。相手も、攻め込みながらも得点ができず、だんだん焦っている感じがしてきました。決定機を外す場面もありました。こうなると、ベンチの思惑通り。何とか、ワンチャンスで得点できないか?

でも、この状況を打破する控え選手もいなければ、出場している選手には体力もなかったようです。そして、ゲームセット。0対0の引き分けです。相手のシュート数は12本、こちらは1本と、内容的には攻め込まれた試合でしが、最後の最後では体を張ってゴールを全員で守りきりました。

この後は、PK戦。こうなることも予想して、この数週間はPKの練習もやってきました。何かが起きないかと期待したのですが。相手2人目をGKがセービングしました。こちらは、1人目、2人目が決めて。こちらの3人目が決めれば、かなり有利になる展開だったのですが、3人目、4人目、5人目が外してしまい、結果は2-3で負け。

結果は負けでした。試合内容も体力面、技術面でも負けていました。でも、気持ちでは負けてませんでした。選手がベンチに戻ってきた時、殆どの子が涙していました。初めてです。負けて泣いている子が、こんなに多くいたのは。この涙を忘れないでください。悔しさを忘れないでください。

試合後に、子供達に話しをしている時に、普段はおちゃらけている子が泣いている姿を見て、何とか勝たせたかったと思い、自分も涙しそうになりました。

こういう相手にも、PK戦に持ち込む前に決着をつけられるよう、もっと上手く・強くなろう。。今日の試合で、何が足りなかったか、何が相手が上手かったかを覚えて、次からの練習につなげよう。

試合後は、記念写真撮影。何とか、全員が涙を拭いて写真を撮ることができました。

100516_141341

100516_141350

最後に、大きな声で声援してくれたおとうさん、おかあさんに感謝の気持ちを忘れないように。

|

« サッカーな一日 | トップページ | 雨 »

スポーツ」カテゴリの記事