« 未知の世界に向かって | トップページ | 市内リーグ戦 »

W杯 終わりました

W杯、スペイン優勝で幕を閉じましたね。パスサッカーで、全員がボールに連動する動きは見ていて”楽しい”と思わせてくれました。

今回の大会を見て、全体的に思ったのが、”個の力”で局面を打開する。というプレー・選手が少なかったように思いました。組織サッカーが主流なのでしょうかね。

さて、日本代表ですが。予選突破で、サッカーファンを熱くしてくれました。

でも、手放しに喜んでいいのか?と疑問符がつくように思います。岡田監督がやろうとしていたサッカーであそこまでいけたのか?本大会直前に、チーム戦術が変わったように思うのは私だけでしょうか。

そして、4年後に向けて日本サッカーは、どういうサッカーを目指すのか。理想のサッカーを追い続けるのか、それとも、世界で勝てるサッカーを追及するのか?両方が同じサッカーならいいのですが、今大会を見ていると”勝つサッカー”と”理想としていたサッカー”は違っていたように思います。

それから、大会全般的には”個の力”を見られなかったと書きましたが、逆に日本代表は、松井や大久保のドリブル突破と”個の力”を見せてくれたと思います。

少年サッカーで、1対1を基本に練習をやっている我がチームにとっては、彼らが世界のトッププレーヤーに勝負していく姿は子供達の良い手本になったと思います。

さて、我が少年サッカーチームは、市内リーグ戦の真っ只中。

チームブルーは、パスとドリブルの選択をテーマにやっていますが、先週の試合では、随分、的確な判断ができるようになってきたように感じました。でも、まだまだ、ルックアップできるようにならないと。が、課題です。

チームレッドは、1対1、自分がやる、をテーマにしていますが数名の子が、「自分がやらなければ」という気持ちがプレーに現れるようになりました。テーマ別にチーム分けした目的が少しですが出てきました。チームレッドから、レギュラーポジションを取りそうな子がでてきたことは大きな収穫です。

この3連休も、月曜日がリーグ戦(前期最終節)です。しっかり、テーマを追求してやっていこうと思います。

|

« 未知の世界に向かって | トップページ | 市内リーグ戦 »

スポーツ」カテゴリの記事